予備試験1部試験、2部試験、実地試験

◆6月公開講座(無料)のご案内

 ◆画像診断講座:「胸部X線読影講座5」 平成30年6月19日(土) 10:00~12:00 於:飯田橋教室
 ◆画像診断講座:「胸部X線読影講座6」 平成30年6月23日(土) 10:00~12:00 於:飯田橋教室
  参加希望者は fuji@ipmj.jpでお申し込みください。
 ※既講座:心電図演習講座、胸部X線読影講座1-4はDVD視聴が出来ます。

◆予科会員

  医師国家試験改革、2020年に臨床実習終了時(国家試験前)の技能・態度を評価する「Post C.C.OSCE」の全大学での実施を視野に、予備試験が近年、難化、
 進化しております。
  第1部試験:基礎科目の出題も単純な基礎科目の知識を問うから、臨床に必要な基礎の知識を問い、さらに一歩進めた問題が出題されております。基本的な
 知識はカバーした上で、国試一般、臨床レベルの範囲に踏み込んで来ております。広範な確認と臨床視野に重点問題の確認が必要です。
  第2部試験:臨床問題も、より臨床現場での必要な知識、正確な知識が求められております。2部はマイナー科目の比率が大きいので、試験対策としてマイナー
 重視です。
  2部実地試験:口頭試問は、臨床現場で、習得した知識が使えるか、正確な判断と処置を口頭で問われます。与えられた症例のポイントを掴む訓練をしておく
 必要があります。
  各試験とも、対策を講じて臨む必要があります。
 Post C.C.OSCE対策、日本語診療能力調査対策として臨床実技講習も重点として取り組んで参ります。

  〔藤林学園会員規定〕
 <会費、年学費>
  入会費は1万円+税とする。
  予科年学費は60万円+税とする。
  附則:次年度の学費は12万円+税とする。
 <学期>
  予科(予備試験コース)学期は8月~翌年7月とする。
  附則:実地試験受験者予定者は8月~11月に面接個別直接指導を実施する
 <講座>
  基礎医学講座、臨床症例講座、実地試験対策講習、問題演習講座を受講できるものとする。
 ※講義予定5.01